接骨院だより

HOME»接骨院だより

湯宿温泉・健康だより2017年7月号より

2017年7月18日

『運動について・その7 全面性の原則について』

散歩を日課にして続けていることはとても良い事ですね。足腰を丈夫に保ち心肺など内臓機能にも良い影響を与えます。ですが、柔軟性はどうでしょか?瞬発力は?体を良い状態に保つために様々な要素の運動を行うことこれが全面性です。

湯宿温泉・健康だより2017年6月号より

2017年6月18日

『運動について・その6 可逆性の原理について』

運動を正しく続ければ筋力・持久力とも増加しますが、休むと少しずつ低下します。
この事を可逆性と言います。運動期間が短いほど戻りも早期に起こります。
中高年になりますと年に1%は誰でも体力が低下します。
少しでも低下をしないように運動を習慣化しましょう。

湯宿温泉・健康だより2017年5月号より

2017年5月17日

『運動について・その5 特異性の原理について』

特異性とは運動で得られる効果が目的や仕方で決まっている事です。
持久力を高める運動では重い物が多く持てるようにはなりませんし、腕立て伏せで足の筋肉は強くなりません。
でも、一番大切なのは安全に運動することです。
これから始める方は散歩からゆっくり始めましょう。

湯宿温泉・健康だより2017年4月号より

2017年4月17日

『運動について・その4 漸進性の原則について』

漸進性の原則とは少しずつ負荷を増加させる原則です。
急激な増加は故障やケガの原因。
少しずつ長い時間をかけた負荷の増加が安全で効果的。
また、時間をかけて得た体力は、運動を休んでも時間をかけて低下します。
今日より少しだけ強い明日の私を目指しましょう。

湯宿温泉・健康だより2017年3月号より

2017年3月17日

『運動について・その3 過負荷の原理について』

運動の効果を高めるには少し負荷を強くする必要があります。
負荷をかけることで筋力や持久力が高まり体力がアップします。
毎日同じ強さの運動ではその効果はありません。
散歩でしたら少し大股で歩く、少し早歩き、少し長い時間などを意識して行うのがおススメです。

湯宿温泉・健康だより2017年2月号より

2017年2月17日

『運動について』その2   トレーナビリティについて

トレーナビリティとはトレーニングによって伸びる体力、技術、精神力の可能性のことです。
そしてこの可能性は若い時からトレーニングした方がより高いレベルで保てます。
これからの人生で一番若いのは今です。
いつから始めますか?
明日からではなく今から始めましょう。

湯宿温泉・健康だより2017年1月号より

2017年1月17日

『運動について』その1

健康な体を保つ3大要素は「栄養・休養・運動」ですね。
栄養と休養は体がサインを出すのでわかります。
お腹が減った・眠いなどです。
ですが、運動不足はサインが出ません。
放置するとメタボリックやロコモティブの症状を出します。
意識して運動しましょう。

湯宿温泉・健康だより2016年12月号より

2016年12月17日

『ベジブロスについて』その3

作り方。
両手一杯分の野菜の切れ端、水・1ℓ~1.5ℓ位、酒・小さじ1程度を鍋に入れ、弱火でコトコト20分程度煮出します。
ザルなどで濾して出来上がり。
皮やヘタから栄養素を抽出しますので、安全な有機栽培や特別栽培の野菜を使うことをお勧めします。

湯宿温泉・健康だより2016年11月号より

2016年11月15日

『ベジブロスについて』その2

ベジブロスには『ファイトケミカル』という機能成分が多くふくまれまています。
抗酸化作用や免疫力アップの効果が期待されています。
植物のファイトケミカルは加熱により細胞外へ溶けだしますのでベジブロスは効率的にファイトケミカルが摂取できる野菜出汁になります。

湯宿温泉・健康だより2016年10月号

2016年10月13日

『ベジブロスについて』その1

最近、TV番組でも紹介されたベジブロスをご存知でしょうか?
ベジタブルブロスの略で野菜出汁のことです。
ベジブロスにはタマネギの皮や人参の葉の付け根など、普段は捨ててしまう部分を利用します。
野菜は皮や葉の付け根など成長点の方が可食部よりも栄養価が高いです。
利用しないのはもったいないですね。

このページのトップへ